No.3 マグロとルッコラの生春巻き

投稿日:2024.07.01

魚に含まれる成分としておなじみのDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)。n-3系の不飽和脂肪酸に属する脂質の一種で、魚のなかでも特に青魚に豊富に含まれています。青魚とは青背魚ともいい、いわゆる「背の青い魚」の総称です。主な魚種はアジ、サバ、イワシ、カツオ、マグロ、サンマ、ニシン、ブリなど。中でもマグロのDHAとEPA含有量はトップクラスです。より多く摂取するなら赤身よりも脂質の多い部位がいいでしょう。刺身、寿司で大人気のマグロですが、エスニック食材を使い、一味違ったこんな食べ方はいかがでしょう?

もくじ
材料:2人分
作り方
みわこのまめまめメモ

材料:2人分

マグロのさく                          100g
ルッコラの葉                          20枚
長芋                                        5cm長さくらい(マグロのさくの幅に合わせる)
しょうゆ                                 大さじ2
わさび                                     好みの量
のり                                        1枚
ライスペーパー                       4枚
市販の和風ドレッシング(ガーリックやオニオンの風味が強いものが合う)適量
レタス、サラダ菜など           適量

作り方

1.マグロは約1cm角の棒状に8等分し、しょうゆに好みの量のわさびを混ぜたものに漬ける。長芋も棒状に8等分する。ルッコラも同じ長さに揃えて切る。海苔は1枚を4ツ切りにする。

2.ライスペーパーを1枚ずつ水にさっとくぐらせてまな板に広げる。ライスペーパーはくっつきやすいので、あらかじめまな板に濡らしたキッチンペーパーか濡れふきんを引いておくと良い。ライスペーパーの中央から手前半分にルッコラを乗せる。

3.その上に海苔を置き、マグロ、長芋を2本ずつ置いて海苔できっちり巻く。

4.ライスペーパーの手前を折って3の上にかぶせ、左右も折りたたんでルッコラごと向こう側まで巻き込む。

5.食べやすい大きさに切り、レタスなどとサラダ風に盛り付け、和風ドレッシングとわさびでいただく。

※ライスペーパーは必ず1枚ずつ作業しましょう。水にくぐらせた直後はまだ堅さが残っていますが、少し堅いうちに具を乗せ始めると、巻き込むころにちょうどいい軟らかさになります。また、表裏があるので、水にくぐらせる前ににざらざらと凹凸がある方(裏)を確認して、そちらが具材を巻き込む内側になるように広げましょう。

みわこのまめまめメモ

DHAは悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きにすぐれるほか、脳や神経組織の伝達機能をよくする働きを持ちます。「青魚を食べると頭が良くなる」と言われるゆえんです。EPAは血栓を溶かし、血液の流れをよくし、動脈硬化や脳卒中、高血圧の予防に役立つことで知られています。

キーワード
あわせて読みたい
No.2 豚の冷しゃぶの梅肉ソース
No.1 たけのこと鶏ひき肉の混ぜ込みご飯
みなさまの声を募集しています。

えんがわでは、認知症のご家庭の皆さまと、
認知症に向き合う高い志をもった
医療関係者と介護関係者をつなぎます。
認知症に関するお悩み、みんなで考えていきたいこと、
どんどんご意見をお聴かせ下さい。