楽しいこと

投稿日:2024.02.08

アルツハイマー病(AD)の超高齢者家族が「数分前のことまで忘れるようになり、もの忘れがかなり進んだ」と嘆いていらっしゃいました。

もくじ
楽しいこと

楽しいこと

アルツハイマー病(AD)の超高齢者

家族が「数分前のことまで忘れるようになり、
もの忘れがかなり進んだ」と嘆いていらっしゃいました。

ところが、音楽の素養があることがわかり、
3カ月前から、「楽しい」とおっしゃって、
コーラスに参加されるようになりました。

最近は、一人で電車とバスを乗り継いで参加されています。
生き生きして表情も明るくなられました。

一人で乗り継いで行けるなんて、ADじゃないのかもしれません。
それとも、コーラス参加により改善したのかもしれません。

「楽しいこと」をすることが
認知症の進行予防になることを実感しました。

あわせて読みたい
薬の引き算
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とうつ・認知症
マグネシウムについて
降圧剤の弊害
みなさまの声を募集しています。

えんがわでは、認知症のご家庭の皆さまと、
認知症に向き合う高い志をもった
医療関係者と介護関係者をつなぎます。
認知症に関するお悩み、みんなで考えていきたいこと、
どんどんご意見をお聴かせ下さい。