夕方低血糖による帰宅要求

投稿日:2024.05.09

夕方になると、「家に帰る」と言って不穏になられる認知症の方が結構いらっしゃいます。明るさが減じることによる意識レベルの変化も一因ですが、低血糖も関係しています。

もくじ
原因と対策

原因と対策

炭水化物リッチな昼食を摂取すると、食直後は高血糖になり、その後分泌されたインスリンにより、夕方になると低血糖になります。すると、交感神経優位になり、不安、抑うつ、イライラの増加により、帰宅要求が出現します。

その対策として以下のことが推奨されます。

① 昼食の炭水化物を減らす。

② 昼食時に食べる順番ダイエットを行う。

③ 昼食後の10分間ウォーキングにより、食後高血糖を緩和する。

④ 15~16時、国産の落花生、枝豆、ゆで卵、プロテインなどの補食を行う。

ある認知症の患者さんでは、落花生の補食により、帰宅要求がなくなりました。

なお、④ではナッツも候補に挙がりますが、そのほとんどは外国産で、船舶により輸送されることが多いので、カビが心配です。

あわせて読みたい
ビタミンBと認知症
睡眠と認知症
薬の引き算
楽しいこと
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とうつ・認知症
マグネシウムについて
降圧剤の弊害
みなさまの声を募集しています。

えんがわでは、認知症のご家庭の皆さまと、
認知症に向き合う高い志をもった
医療関係者と介護関係者をつなぎます。
認知症に関するお悩み、みんなで考えていきたいこと、
どんどんご意見をお聴かせ下さい。